9月に観たい気になる映画5選 :
劇場編 + AmazonPrime編

ようこそ9月。ナカトミツヨシ(@meganetosake)です。

今月公開&配信される映画作品の中から、特に私が気になる作品をピックアップしてみた。

愛してやまないマッツ・ミケルセンがひたすら酒を飲んで幸せになれるか実験したり、マトリックスなどSF映画に多大な影響を与えた「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」リマスターや、最後のダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドと噂される「007 / ノー・タイム・トゥ・ダイ」を10月に控え、007シリーズ過去作品の一挙配信など、9月も気になる作品が目白押しだ。

劇場編

アナザーラウンド(9月3日公開予定)

まずご紹介したいのが、大好きなマッツ・ミケルセンが主演のお酒な映画。

冴えない高校教師のマーティンと3人の同僚は、ノルウェー人の哲学者が提唱した「血中アルコール濃度を一定に保つと仕事の効率が良くなり想像力がみなぎる」という理論を証明するため、実験をすることに。朝から酒を飲み続け、常に酔った状態を保つと授業も楽しくなり、生き生きとするマーティンたち。生徒たちとの関係も良好になり、人生は良い方向に向かっていくと思われた。しかし、実験が進むにつれて次第に制御がきかなくなり……。

設定もさることながら、マッツ・ミケルセンのダンス、ハッピーだけでは終わらなさそうなストーリー。そしてキャッチコピー「人生に祝杯を」。背負うことも多くなって、大人になった私。そんな今こそ見るべき映画、そんな気がしている。この映画の公開を心待ちにしていた、そんな映画がついに公開だ。

レミニセンス(9月17日公開予定)

ヒュー・ジャックマンが主演のSFサスペンス大作。「インターステラー」「ダークナイト」などクリストファー・ノーラン作品で脚本を担当してきた、実弟のジョナサン・ノーランが製作。ジョナサンの妻でテレビシリーズ「ウエストワールド」のクリエイターとして知られるリサ・ジョイがメガホンをとる。

多くの都市が水没して水に覆われた世界。記憶に潜入し、その記憶を時空間映像として再現する「記憶潜入(レミニセンス)エージェント」のニックに、検察からある仕事が舞い込む。それは、瀕死の状態で発見された新興勢力のギャング組織の男の記憶に潜入し、組織の正体と目的をつかむというものだった。男の記憶から映し出された、事件の鍵を握るメイという名の女性を追うことになったニックは、次々とレミニセンスを繰り返していく。しかし、膨大な記憶と映像に翻弄され、やがて予測もしなかった陰謀に巻き込まれていく。

最初はそれこそクリストファー・ノーラン監督の「インセプション」に似ているな…とも思ったが、まさかの本家の弟。ジョナサン・ノーラン製作としての映画を観るのは初めてだが、脇を固めるスタッフや役者も実力は揃い。そのプレッシャーも大変なモノだと思うが…やっぱり期待しちゃうよね。楽しみ。

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 4K Remaster(9月17日公開予定)

あの伝説の作品をIMAXで観れる日が来るとは…押井守監督が1995年に手がけたSF長編アニメの金字塔。私がアニメの世界や、退廃した世界観にハマったキッカケの映画だ。

西暦2029年、高度に発達したネットワーク社会において多発するコンピューター犯罪、サイバーテロなどに対抗するため結成された非公認の超法規特殊部隊「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活躍を描く。ある日、某国情報筋から、国際手配中の凄腕ハッカー・通称「人形使い」が日本に現れるとの情報が9課に寄せられる。隊長の草薙素子と9課の面々は人形使いの痕跡を追うが……。

ウォシャウスキー兄弟の「マトリックス」(1999)など、後のハリウッドSF大作へも影響を与えたとされる本作。私の趣味もだいぶ固められた作品だ。元々緻密で情報量の多い作画なので、それが4K そして IMAX で観れるなんて…公開を知った時は、変な興奮状態になったことは、いうまでもない。流れで「イノセンス」も上映していただけないだろうか。

Amazon Prime 編

007 スペクター / 「007」シリーズ全24作品配信(9月10日配信)

公開済みの最新作どころか、過去作品まで一挙配信されるという大盤振る舞い。007シリーズがずっと好きで、全ての作品を見てきている私は、ここぞとばかりに全作品を見ることになるのだろう。

10月に最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開が控えているが、主演のダニエル・クレイグは本作が最後のボンド映画になると語っている。彼の007デビュー作「007 / カジノロワイヤル」の衝撃は今でも忘れられない。過去作品全て見た私でも、ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドは映像も、演技も、最高だと思っている。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』でまた、007シリーズの歴史に一つのピリオドが打たれるであろう歴史的な年、過去作品も一緒に楽しんでみるのはいかがだろうか。

¥973 (2022/09/26 21:19時点 | Amazon調べ)

ミッドサマー(9月23日配信)

日本中を恐怖のどん底に落とした本作。話題性も相当だったが、ちょうどコロナが慌ただしくなったあたりで…実はまだ観れていないままここまできていた。そんな矢先 AmazonPrime への登場、観るしかない。

不慮の事故により家族を失ったダニーは、大学で民俗学を研究する恋人や友人たち5人でスウェーデンを訪れた。彼らの目的は奥地の村で開催される「90年に一度の祝祭」への参加だった。太陽が沈むことがないその村は、美しい花々が咲き誇り、やさしい住人たちが陽気に歌い踊る、楽園としか形容できない幸福な場のように思えた。しかし、そんな幸せな雰囲気に満ちた村に不穏な空気が漂い始め、妄想やトラウマ、不安、そして恐怖により、ダニーの心は次第にかき乱されていく。

私も見ていないので、あまりまだ語れないのだが…怖いのかな、エグいという話も聞く。(どういう意味かはわかっていないが)もし見られる際は、怖いかもしれない事だけ心に刻んで挑んでいただきたい。

今月も映画がたのしみ

いかがだっただろうか。今月は期待作・話題作・過去のレジェンドと、様々なベクトルで気になる映画が目白押しだ。今月一番気になるのはどれだろう…リマスターになっちゃうが「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」をIMAXで観れる体験は今しかできない上に上映期間も長くなさそうなので、何がなんでも観にいきたいし、マッツ・ミケルセンを大画面で観れるのも久しぶり。今月も、映画が楽しみだ。

更新日 :2021.09.01
この映画を見ている時、私は確かに戦場に居た : 映画「ダンケルク」
この映画を見ている時、私は確かに戦場に居た : 映画「ダンケルク」
TOPへ戻る
モノ大好きな私が8月に買ってよかったモノ5選
モノ大好きな私が8月に買ってよかったモノ5選

人気記事

回さず片手で開けられる、ビール用のグラウラーにも使える、こんな水筒を探してた : REVOMAX2

回さず片手で開けられる、ビール用のグラウラーにも使える、こんな水筒を探してた : REVOMAX2

よかったモノ / 食器
#水筒 #レビュー
カッコ良すぎて隠すどころか飾りたくなる電源タップ : Fargo STEEL TAP USB

カッコ良すぎて隠すどころか飾りたくなる電源タップ : Fargo STEEL TAP USB

よかったモノ / インテリア
#Fargo #USB #電源タップ #レビュー
吟味された原料と製法がつむぐ、旨みとふくよかなコク : サッポロ ヱビスビール

吟味された原料と製法がつむぐ、旨みとふくよかなコク : サッポロ ヱビスビール

美味しかったモノ / お酒
#ピルスナー #サッポロビール #ビール #ヱビスビール #レビュー
音声はもちろん単独でWifiに繋がって色まで変えられるすごいやつ : スマートLED電球 Tapo L530E

音声はもちろん単独でWifiに繋がって色まで変えられるすごいやつ : スマートLED電球 Tapo L530E

よかったモノ / ガジェット
#Tapo #スマート家電 #レビュー
007史上最高傑作で流した、私の涙の理由 : 映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』

007史上最高傑作で流した、私の涙の理由 : 映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』

面白かったモノ / 映画
#007 #アクション #映画 #レビュー
自立して可愛いし、転がらず大風量 : Japan Hobby Tool カメラ用ロケットブロワー

自立して可愛いし、転がらず大風量 : Japan Hobby Tool カメラ用ロケットブロワー

よかったモノ / カメラ / 撮影機材
#ブロワー #カメラ #レビュー
CATEGORY
HAS TAG
  1. ホーム
  2. 面白かったモノ
  3. まとめ
  4. 9月に観たい気になる映画5選 : 劇場編 + AmazonPrime編